東名 高速 事故。 脱輪タイヤ衝突バス事故

の2018-12-19時点におけるアーカイブ。

5

2018年12月19日閲覧。 「」『産経ニュース』産業経済新聞社、2017年10月31日。 刑事責任は器物損壊罪などに留まる」と危険運転致死傷罪について無罪を主張した上で執行猶予付きの判決を求めた。

反響など [ ] 起訴後に横浜拘置支所へ勾留されたIは2018年10月、接見を試みた『産経新聞』(産業経済新聞社)記者宛てに以下のような金銭を要求する内容の返信をしている。

17

一方、本件事故に至る要因をさかのぼれば、被告Tが常日ごろから自分の運転するトラックに酒を持ち込み、常習的に飲酒運転をするという、それ自体非常に悪質で強い非難に値する行為を習慣としていたことに端を発するものであり、その意味で、本件のような重大な事故はいつ発生してもおかしくない状況であった。 車が止まり、「なんでこんなところに止まったんだろう」。

12

2018年12月19日閲覧。 の2019-11-05時点におけるアーカイブ。

16

12月3日 - 横浜地裁(裁判長)で裁判員裁判初公判が開かれた。

17