ピンク スライム 肉。 「ピンクスライム」肉の波紋広がる、米食肉加工大手が破綻

2018年4月25日閲覧。 2012年7月22日閲覧。 食品安全次官で医師でもあるエリザベート・ハーゲン博士は、「LFTB ピンクスライム肉 の製造過程は安全で、長い間用いられてきたものであり、安全性に問題はない」と も残しており、アメリカのピンクスライム肉に対する姿勢が変わることはなさそうです。

19

2013年11月4日時点のよりアーカイブ。 2012年7月21日閲覧。 Journal of Muscle Foods 8: 287—299. 消毒されていること。

・ナゲットに使われるのは、胸肉とリブに腰肉のみ まな板に載っているのは、ドラムスティックと腿(もも)肉、胸肉にリブ、腰肉と皮だ。

2016年3月25日閲覧。

8

11

スライム肉などと言われる中、フィレオフィッシュについても「 ナマズが使われている」などの都市伝説があがっている。 ABCニュースの連続番組はLFTBを貶めるための「計画的な情報操作キャンペーン」とされ、その中でABCは「200件近い虚偽の主張、もしくは誤解を招く主張、あるいは中傷的な主張を絶え間なく繰り返し」、それによって「製品と食品への誹謗、および取引関係への不法な妨害行為」を行ったと申し立てられた。 ピンクスライム肉をめぐっては、有名シェフのジェイミー・オリバー氏らが問題を取り上げたのがきっかけで、消費者の間でも注目されるようになった。

11

当初は"fat-reduced tissue"、"partially defatted tissue" のような名も使われていた。

1