旭川 クラスター。 クラスター:旭川・吉田病院、市・保健所・旭川医大に見捨てられた“非条理”対応を告発

岡田教授は「感染症アウトブレイクの現場はもう災害。 いずれも軽症か無症状という。 一方で、「慶友会吉田病院」と「旭川厚生病院」については、人員の派遣などとともに、いわゆる「ゾーニング」で感染した患者を院内で隔離するなど、対策も支援したということです。

9

男性は「あすは我が身だと思って感染対策を講じてきたが、こうなってしまった。 。 新型コロナウイルス感染症で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)した北海道旭川市で、最初の大規模クラスター(感染者集団)となった吉田病院が、感染の広がりや対応状況をまとめた報告書を公表した。

11

旭川市は8日、市内で過去最多の50人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 このため、100人以上の大規模なクラスターが発生した「慶友会吉田病院」と「旭川厚生病院」、それに、障害者福祉施設「北海道療育園」の患者については、それぞれの施設にとどまってもらわざるをえなくなったということです。 近藤医師は、「医療を受けなければ、直ちに命の危険がある人のための病床確保を優先した結果、重症化リスクの高い患者にも施設にとどまってもらった。

この間に感染したのは職員21…. 長期戦なので、息の長い支援を国や道などにお願いしたい。 吉田病院が公開した文書 新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第19報) 本件クラスターについては、感染症指定医療機関でなく防護資材・設備に制約のある当院にとっては、独力での対応が困難であることが当初より明らかであったため、関係機関と協議・調整を図りつつ、これまで対応を進めて参りました。 市は、基幹病院に入院できない患者にも、必要な医療が受けられるよう医師や看護師を派遣するなどして支援に取り組んだということです。

16

慶友会吉田病院は入院患者と看護師ら8人が感染し、計195人に拡大した。 しかし、クラスターの規模が大きくなるにつれ、基幹病院が用意していた患者を受け入れられる病床や、看護師などのスタッフが足りなくなり、直ちに命の危険がある患者以外は、転院が困難な状況になっていたということです。

毎日の朝夕のウェブ会議で、森院長、看護部長、事務部長らがどうやって終息させるかを真剣議論しているのを聞き、心が震えた。 その後感染に歯止めがかからず、外来を停止するなど診療制限をせざるを得ない異例の事態となった。 SNSで関係ないとアピールし、常連客らがその情報を拡散した。

同月30日以降は陽性者の発生はなく、1月26日、森達也院長が記者会見で終息を宣言した。 上川地区13JAの組合長会をはじめとする全道各地のJA、組合員、子どもたち、地域住民、職員OB、厚生連にお世話になったという患者、関係者ほか、多くの人から支援を頂いた。 テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「旭川医大は吉田病院が困っているタイミングで医療者を引きあげるというのはどうだったのか。

20

クラスター以外は10~80代の男女13人で、このうち感染経路不明と調査中がそれぞれ4人いる。

専門家が「最高レベルの感染対策」をしてきたと評価する同病院だったが、昨年11月20日に陽性者を確認した。

19