田園 都市 線 運用。 東急田園都市線

土休日日中は二子玉川駅・溝の口駅で同方向の大井町線急行と接続するダイヤが組まれている。

1

東急の103系とも呼ばれ、1975年の登場以後400両が製作された。

17

2018年5月現在では、押上駅の外側ホームにいる姿はレア。

17

その後、のダイヤ改正からは下りや平日朝ラッシュ時以外の時間帯(平日・土休日の日中)にも準急が運転されるようになった。 梶が谷にて。

5

このうち1本は「フラワーエクスプレス」のヘッドマークを装着していた。

5

日中の運行本数 日中1時間あたりの運転本数(2019年10月1日ダイヤ改正以降)は以下のようになっている。 7月11日 - 24日 平日のみ臨時特急「時差Bizライナー」を運行。 同時に急行運転区間を全線に拡大。

19

この溝の口駅からまでの区間が、1966年に「田園都市線」として新規開業した、いわば1期区間である。 溝ノ口 - 長津田間地方鉄道敷設免許申請(銀座線規格)。

5

平成12年 2000 3月29日 こどもの国線通勤線化 長津田~こどもの国間に「恩田」駅を新設、同日から営業開始。 これにより略称も 田玉線から 田都線(でんとせん)へと変わった [ ]。