かかと 水虫。 「カサカサなかかと」が水虫か乾燥肌か実際の画像で見分ける

病院でかかと水虫を治療する場合は、尿素で角質をやわらかくしてから水虫薬を浸透させる方法を取ります。 これを治していくためには医薬品の専用クリームを長期間塗るなどしなければいけません。 市販の抗真菌薬にはブテナフィンやテルビナフィンと呼ばれる有効成分が主に含まれています。

19

最近、カサカサ水虫(角質増殖型)にお悩みの女性が増えています。 浸透力の強いジェルが人気 こういったことから、浸透力が強く、副作用もなく、肌に優しいジェルが人気です。 毎日石けんで患部をよく洗い、清潔に保つ・足が蒸れないようにすると、症状が快方に向かっているのが実感できるかもしれません。

17

家の中は、なるべく素足で歩かない• これによってストッキングが伝線してしまうこともあります。

20

きれいになるのはこすったあと数日だけ。 綺麗な柔らかいかかとに戻すには、専用の医薬品(尿素配合のクリーム等)を塗布し続けるなど、長期治療が必要になります。

角質層が分厚くなっているため、塗り薬の効果が薄くなるので、飲み薬との併用での治療が必要です。 足裏やかかとの皮膚が厚く硬くなり、ガザガサしたり、ひび割れたりする「角化型の水虫」は、かゆみはありません。 かかとがガサガサしている• どれくらいの期間、水虫薬を使い続ければいいのかは次の記事を参考にしてください。

7

1.かかとの水虫とは? 水虫とは白癬菌と呼ばれる真菌(カビの一種)によって引き起こされる皮膚の病気です。 症状がなくなったあとでも、1ヶ月間は治療を続けてください。 内服薬であれば薬の成分が血流に乗って患部の隅々にまで行き渡ります。

年齢が若いと新陳代謝も活発で肌のターンオーバーも早いですが、加齢による乾燥が原因でターンオーバーも乱れてくるのでかかとがガサガサしてきます。 治療期間はどれくらい? かかとの水虫に代表されるような角質増殖型の水虫の場合には、他の趾間型や小水疱型などよりも 一般的に治療期間が長くなるという特徴があります。

18

かかとの水虫のようにひび割れがあるタイプには、皮膚の保湿や保護の面から「軟膏剤」がよく使われます。 やはり女性はカサカサなかかとにはなりたくないもの。

20

足の裏や指に水虫がある• どんなきっかけで受診ことが多い? 角質増殖型の水虫は初期症状で気づくことはほとんどありません。 足指の間 水虫の中で一番多いのがこのタイプ。 薬を使用する際の注意点 症状がなくなったからといって、自己判断で薬の使用を中止するのはやめましょう。

12