備中 松山 城。 二人の内蔵助・大石内蔵助腰掛け石 — 高梁商工会議所

城内まで浸水したため、城兵は小舟で連絡を取り合わなくてはならなかったとされる。

1

今回は、臥牛山の山頂に建つ備中松山城へ歩いて登城する。 『秀吉の天下統一戦争』、1991年。

天守への入口なんですが「狭い」です。 修行・・・じゃないくて登山を続けていると、ふっと高梁市街の風景が見渡せる場所があったりします。

6

現存する天守は、2層2階で、西面に半地下のようにして付櫓(廊下)が附属する複合式望楼型天守である。 マップ. 徐々に近付いてきてきましたね。 夏場は、熱中症対策が必要になるでしょう。

4

撮影した時はそれほど印象に残っていなかったですが、あとで見ると、グッと来ます。 観光MAP• 交通アクセス [ ] 備中松山城 本丸 [ ] 標高87mのところに松山城登山口バス停、標高196mに城見橋公園駐車場(110台、駐車無料)、標高291mにふいご峠駐車場(14台、駐車無料)がある。

あまりにも不便な場所にあることから山上の建物は解体されずに放置され次第に荒廃していった。

2