藤沢 数 希。 女性が見ているのは男の上位3割だけ?ーーvol.2|恋愛工学は日本を救う?——二村ヒトシ×藤沢数希対談|二村ヒトシ/藤沢数希|cakes(ケイクス)

零時 恋愛工学はテクノロジーに依っているから、どっかスマートなんですよ。 あとでセクハラだなんだと揉めると、男性は仕事を失ったりします。 は論にもがあったとのうわさあり。

5

それと同じで、男性がひとりでフラフラ歩いて、他の群れに属している知らない女性に声をかけるというナンパは、原始時代だとめっちゃ危険な状態だと思うんです。 ただ、権力者なんかに女性が集中する一夫多妻制だと、他のオスがやる気をなくして社会が発展しないんじゃないかな。

20

だから結局、どれだけ安全でも条件反射的に地蔵してしまう。 詳細なプロフィールや顔写真を公開していないである。

2

マクロな恋愛市場のミクロ的な基礎である男女別モテ曲線 藤沢数希(以下、藤沢) これまでに現代の恋愛市場の形相がどのようになっているのか説明してきました。 今回は作家の藤沢数希さんにインタビュー。 藤沢 ただ、普通にナンパをしていると、マッチングアプリはなかなかやっていられない感じもしますけどね。

16

藤沢 それって女にかぎらず、ビジネスでも同じなんですよね。 それで人類も、アマゾン流域の民族とか中国の少数民族なんかを、社会の「数」でカウントしていくと、じつは9割くらいが一夫多妻なんですよ。 さて、この事実は、民主主義を採用している先進国では一夫一妻制を強制する結婚制度が支持されていることにリンクしています。

今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。 『「反原発」の不都合な真実』、2012年02月• 藤沢 それ、よくありますね。

だから、そういった面でも部族の外の女性を確保しないといけないって部分もありますよね。 零時 そう思うことが多いかも……。 一言で言えば、モテる男と非モテの男を分けるのは、その「振る舞い」にあるのです。

7