アルザス ロレーヌ。 アルザス地域圏

無縁となった 墓から掘り出した骨だろう、と思う。 1945年 - ドイツの降伏によりフランスが再度占領。

18

しかし、その後に、フランツや生徒だけの責任ではない、国語をきちんと指導しなかった我々大人の責任でもある、と反省の弁も述べている。 ミュスカ ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン、ミュスカ・ローズ・ア・プティ・グラン、ミュスカ・オットネル• 『反=日本語論』、1977年• タンパン中央の十字架は網目模様と花柄が モチーフになっており、十字架の横木が破損 している。 しかし、の『ことばと国家』やの『反=日本語論』などによる、「国語」によって言語的多様性を否定する側面を持つ政治的作品であるとの批判もあった。

9

正面扉口のタンパン彫刻が秀逸であった。

がの交易商人へ通行税免除特権を与えた。 頃、を求める運動が活発化した。 7人集まるだけで宗教団体を設立することができるし、ライシテの適用がないので要件を満たせば国や自治体から補助金が出る。

仕切られた左右両端には、天国や花園のイ メージなのか、円環や花模様が散りばめられ てある。 そのため、古くからドイツとフランスの係争地となってきた。 塔の真下部分に有る部屋は、豪快な二本の 柱とアーチ、繊細な意匠の柱頭彫刻で構成さ れた美しい空間となっている。

2

ロレーヌ地方にはこうした小さなタ ンパンが数多く散在するので、これらも順次 見て行きたいと思う。 そして最後に黒板に大きく「フランス万歳!」と書く、という話で、かつては日本の教科書にもよく見られたが、最近はすっかりみられなくなってしまった。

8

この間1900年前後に、試行錯誤の末と地下水の豊富なブリエ鉱床が開鑿できるようになった。 入口のアーチと太い柱が象徴的だが、特に 柱頭に彫られた葡萄唐草の様な植物模様が、 石に彫られたとは思えぬほど精巧で秀逸な図 像であった。

2

1524年 - で10万人規模の一揆。 十字形のプランに側廊と鐘塔が加えられて おり、単純だがこじんまりとした美しい建築 となっている。 町の中心を大きな川が流れているが、何と ドイツ国境のライン川と、シャンパーニュ地 方のマルヌ川 と を結ぶ壮大な規模の運河だっ たのである。

<谷川稔『国民国家とナショナリズム』1999 世界史リブレット 山川出版社> 第一次世界大戦後にフランス領に戻る フランスはその奪還をめざし、でドイツが敗北したことによって、にその領有権をフランスに戻すことを認めさせた。 1870年 -。

2