ボーイ フレンド 韓国 あらすじ。 ボーイフレンド(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

僕の話を聞いてから行ってくれ。 心配しないで、と笑うスヒョンに、微笑み返すジニョク。

3

選択肢がなかったのだと思うととても胸が痛くなりました。 チャ議員はジニョクの頼もしい返事を聞いて安心し、テギョングループと手を切るべく大統領選挙への出馬を辞退するのであった。 平凡な幸せをつかんでほしい。

8

韓国で放送中の最新ドラマ一覧などもあります。

7

父は、テギョングループとの縁を断ち切るため、また娘スヒョンの幸せのために、正しい道を歩んでいこうと決意したのだ。 テギョングループはウソクが会長に就任し、刑務所に入っている前会長は、一切面会を拒否し、息子と会うことも断る。 格差も歳の差もあり、代表は彼に近づこうとはしませんが、彼の純粋さや真っ直ぐに代表を好きな気持ちに惹かれていき、両思いになるという展開です。

お金儲けをしなくても、子供二人が幸せに生きてくれればそれでいい。 優しくない女たち• このサイト内の全韓国ドラマあらすじ一覧です。 珍しいパターンでした。

17

刺激的なドラマが多い中で、童話のような雰囲気で女性主人公スヒョンの成長を描いているのが特徴的でした。 アイドゥ・アイドゥ• そこにはベッドとテレビが1台。 自分の欲望のために、娘スヒョンの幸せも笑顔も犠牲にした。

10