セルゲイ ポ ルー ニン。 セルゲイ・ポルーニンの問題発言から考える「嫌悪」を無くす方法

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」DVD *来日時のインタビューなど、特典映像付き. 英国ロイヤルバレエをやめ、ロシア国立モスクワ音楽劇場のプリンシパルをも捨て、映画でみせる最後の演舞 「Take Me to Church」 の迫力。 つきましては、現在チケットをお持ちのお客様は、下記払い戻しについてをご覧下さい。 それでも私はやっぱりあなたが好きだし、あなたのダンスは応援したい。

13

舞台映像では『ジゼル』『ラ・バヤデール』『ディアナとアクティオン』なども印象的だが、『マイヤリング』のルドルフ役の絶望的な踊りと『スパルタクス』の全身全霊を尽くした踊りと最後に空しく磔にされる姿が、まさに絶品。 私には男女の役割固定なんて理解できないし、そういうのに囚われずに生きていく。

4

母親のガリーナは彼と一緒にキエフに移住し、父のウラジーミルはポルトガル、祖母はギリシャで働き、金銭的なサポートをした。 チケットの販売開始時期については決定しましたら、本公式ホームページにてお知らせいたします。 舞台は、東京藝術大学・奏楽堂。

1

ポルーニンは昨年12月30日、自身のインスタグラムで性的役割固定を支持する投稿をして、物議を醸していた。

7

音楽に合わせ、踊り始めた瞬間、彼を目の当たりにしていた客席は、魂が震えるほどの感動を感じながら、息を飲み、涙を流しました。 ヌレエフの再来と称えられたポルーニンは、今はダンサーを支援する組織「プロジェクト・ポルーニン」を立ち上げ、プロデュース公演も開催した、という。 人はヘイトによって迫害され、死んでしまう。

17

セルゲイ・ポルーニン、2017年来日時の写真 パリ・オペラ座は1月14日、2月16日から開催されるにジークフリート王子役で出演予定だったダンサーのセルゲイ・ポルーニンを降板させることを発表した。

17