エッセンシャルオイル 効能。 アロマオイル効能一覧|180種類のアロマオイル(精油)の効能

次に花粉症には、ペパーミントやティーツリー、腰痛にはカモミール・ローマンなど、さまざまなエッセンシャルオイルが身体的な作用をもち合わせています。

13

現在でも、原産国であるオーストラリアの家庭には、必ずと言っていいほどティーツリーオイルが常備され、健康管理や掃除などさまざまな用途に使われています。 フェンネル• 全ての精油が特徴・効能の詳細ページにリンクします。

6

口に入れない 口の中に精油が残っている場合は大量の水で口をすすぎましょう。 抗不安作用 などがあります。

16

リラックスやダイエットなど複数のセットがあり、それぞれ目的に合った効果・効能を持つエッセンシャルオイルが6本入っています。 サイプレス• また重曹は、除湿にも使えるので、水回りなど湿気のこもるところに置いておくのも有効です。

14

カユプテ• そのときにも気をつけるべきことがありますので、説明します。 どのアロマオイルを選んだらいいのか迷う方は、「初心者向き」から初めて「中級者向き」「上級者向き」へとステップアップするとスムーズだと思います。

9

パインには様々な種類がありますが、この種類が一番皮膚に使いやすいです。

8

精油の中には薬品開発のため研究機関で利用されている精油も数多くあります。 投薬中の方• 高い催淫作用があることでも知られており、女性特有の月経痛やホルモンバランスの乱れからくる不調の改善に力を発揮します。

3

マートル• 何百年も朽ちずに残るヒノキ。 パセリシード• エッセンシャルオイル 精油 が浸透する経路は4通り エッセンシャルオイル 精油 が浸透する経路は下記の4通りです。 マイナスの感情を弱めて緊張をほぐしてくれるとされ、心を前向きにハッピーにしてくれるバニラの香り。

10

その場合は合計で20〜40滴になるように調整してください。 プチグレン• 例えば、一般的な土壌で栽培された植物とオーガニック認定を受けた植物では価格が違いますし、いちばん高価とされるローズ・オットーは約65,000個の花からわずか15gしか抽出できず当然価格も跳ね上がります。