五 等 分 の 花嫁 ロフト。 五等分の花嫁 122最終話感想 そしてフィナーレへ|夜光管理人|note

中野姉妹と向き合っていくうちに真摯な面を見せていき、人間として大きく成長していく。 とウサギ調のリボンが特徴的。

7

確定速報として122話のネタバレをお届けしました。 なお、寝相は悪いため、あらかじめ足元にも枕を用意している。 その他 江端(えばた) 声 - 中野父に仕える秘書。

8

中野 二乃(なかの にの) 声 - 五姉妹の次女。 マルヲから四葉は心から喜んでいるかと問われる風太郎。 より 2019年10月25日閲覧。

2020年7月31日閲覧。 だが、次女・ と五女・五月の協力は得られないまま、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。 2020年2月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。

一花の才能に惚れ込んでおり、一見向いてなさそうな仕事だろうと演じられると信じて取ってくる。 父親は旭高校の理事長を務めており、母親は医師。 クラスでは友人らしき人物はおらず、なるべく人と関わらないようにしている。

勝又聖人• 二乃と三玖のお店、「なかの」には、結婚式当日に5人がお店に集まった時にお客さんがいなかったので、当日は休みにしてケーキや料理を作っていたのかもしれません。

3年への進級後は、風太郎が好みだと言う「料理が上手い女性」を目指し、でバイトを始める。 式場の係の人から新婦が呼んでいると声がかかり、風太郎は四葉の待つ部屋へ入ります。

14

五等分の花嫁最終回ネタバレ121話 重なる笑顔 五つ子はどうやら卒業旅行の場所を決めようとしているようです。