確定 申告 書 別表。 国税庁「「平成31年分法人税申告書別表等」の一部掲載(更新)」等を公表(法人税関連)

買掛金、未払金、未払費用の小計金額と貸借対照表の買掛金、未払金、未払費用の金額が一致するよう作成してください。 ・決算書の表紙 ・決算日現在の会社の財産の状況を表した表である「貸借対照表」• 申告書Bより項目が少なく、記入するうえで迷うことがないというメリットがあります。

確定申告時期の少し前から税務署などの玄関先に確定申告書類が並ぶので、 自分に必要な書類がわかっている方はこれらの書類をもらって行って構いません。 2 減少の欄 今期に前期の未払法人税等を納付した金額をに記載します。 申告書AとBは自分で選択しなければならず、収支内訳書などの書類を必要に応じて組み合わせて使用することになります。

12

4%になります。

14

なお、2014年1月1日より、すべての個人事業主に記帳・帳簿等の保存が義務付けられています。 たとえば、 ・住宅ローンの審査(事前)時 ・奨学金の申請時 ・保育園の手続き時 などです。 会社の経営状態を調べるには、正確な情報が必要です。

しかし、「税引前当期純利益」がプラスの場合の法人税の計算は、非常に複雑になります。 し、税務署に持参あるいは郵送して提出• いわば、「第一表」は「第二表」を要約したものなのです。

7

複数の会社から所得がある場合には、源泉徴収票などを見ながら、それぞれの会社ごとの所得の内訳を記入します。

11

2 「旧納税地及び旧法人名等」の欄は、納税地又は法人名に変更があつた場合に、変更前の納税地又は法人名を記載すること。

14

『別表一(一)の法人税額の計算の流れ【中小法人等の場合】』の画像 税額控除を差し引いて、差引所得に対する法人税額を記載する この例では、 税額控除[13]が「 15円」となっているので、 法人税額計[10]の「 133,500円」から「 15円」を差し引いた133,485円の 百円未満 の端数を切り捨て「 差引所得に対する法人税額[14]」に「 133,400円」を記載します。

19