ブリジストン リコール。 ブリヂストンの自転車リコール343万台、見えぬ収束 販売店「部品交換に半年」

[画像のクリックで拡大表示] 同社によると2019年12月10日現在、点検と改修が済んだ自転車は7万4000台ある。 プログラムの書き換えは可能です。 なお、6月下旬現在、販売店には交換部品などは届いていないため、改修にはしばらく時間がかかると思われます。

しかし2002年2月12日広範囲な分析に基づいて事故調査事務局 ODI は、それが後部タイヤ上の トレッド剥離によるエクスプローラーのハンドリングおよびコントロール性の欠陥調査を開始す るというファイアストンの要求を、結論として認めないことを決定した。 フリーダイヤル 0120-819-400 メール yokohama echarity. ゴビンジー博士は、「全てのケースにおいて、自主回収の対象となったタイヤの不具合率は、わずか数パーセントであり、タイヤの不具合を招いた単一原因を解明しようと望むことは現実的ではない」と述べ、分析結果を発表しました。 振動とサスペンションの問題は時には解決されず、このような欠陥がファイアストンのタイヤのリコールを強いた致命的な事故を誘発している疑いがある。

16

2003年9月に初めて、同社の自転車に搭載した。 メーカー対応に関し続報があれば随時更新していきます。 なお、基準不適合に起因するホイール損傷の事例や事故の報告はない。

図:アメリカ合衆国イリノイ州ディケーター市の位置 Sydrose提供 【詳細 - 事象】 米国高速道路交通安全局が自動車製造企業であるフォード社及びタイヤ製造企業であるファイアストン社に対し、タイヤの破裂によるフォード社製エクスプローラ Explorer 車種の事故発生率が高いことを指摘。 届き次第、順次対応させていただきます。 2005年06月01日• それに対してBFS会長兼CEOの小野正敏は、NHTSAが調査結果を明らかにしていないことから、原因には触れず、問題の原因を究明し、十分な説明を行うことを最終的な目標とすることなどを語るにとどめました。

5

販売店が充電器を保有していない場合は、お手数をおかけし申し訳ありませんが、 充電器をご持参いただきますようお願い申し上げます。 米国高速道路交通安全局は自動車メーカーに対し、2003年11月以降に生産する車への空気圧モニター装備を義務付けた。

2002年02月09日• 2019年06月24日• 更に、タイヤがトレッド・セパレーションを起こしても、通常の場合は、ほとんど死亡事故には至らないため、トレッド・セパレーションは、事故の原因の一部ではあっても、主因ではないとの判断から車両事故とタイヤの因果関係についても調査したところ、エクスプローラーでは、タイヤ破損以外に起因する横転事故が多発しており、他社タイヤ装着車でも事故が発生していることが判明した。 第1話 事故が明るみになった経緯 1999年6月、米国テキサス州ヒューストンで、フォード社のSUV、エクスプローラーを運転していたテレビ局の記者が、横転事故により死亡しました。 Sanjay Govindjee)らに調査を依頼することを述べました。

20

車種略号 引用元:ブリヂストンサイクル株式会社 号機番号 引用元:ヤマハ発動機株式会社 略号、号機番号が確認できたら、以下で照合してください。 イーチャリティに自転車の持ち込みが難しいお客様は、お近くの自転車店でも点検・改修が可能になると思います。

19

)が、平成15年9月から平成27年5月までに製造したハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車及び電動アシスト自転車。 図:タイヤの断面図 Sydrose提供 【詳細 - 経緯】 2000 年 5 月に米国高速道路交通安全局は フォード社及びファイアストン社に対してフォード社製 エクスプローラ車種でタイヤの欠陥事故についての情報を要求。

4