血糖 測定 看護。 血糖自己測定について

測定用チップは製品の添付文書に従い、適切に処理します。 患者さんの糖尿病の状況や使用しているお薬、生活パターンによって測定する時間は異なります。

19

(器具全体が廃棄できるタイプの穿刺針は、そのまま針廃棄ボックスに廃棄する)• さらに、血糖自己測定のデータを活用して、これまで以上に良好な血糖コントロールを目指せるようになります。 糖尿病認定看護師の役割は、糖尿病の発症を事前に予防すること、患者様本人と家族に対して、合併症を防ぎ健康的な生活を遅れるように支援することになります。 それには不摂生を積み重ねてきたこれまでの生活習慣を改善することが第一。

(3)穿刺具に穿刺針をセットする。

4-1 病院でよく使われているTERUMOメディセーフフィット 私が在籍していた病院全てで使われていて、よく使用されている TERUMOメディセーフフィットは、測定器が使いやすく、シンプルなものになっています。

1

・ 食事や運動、薬物療法の自己管理の継続の必要性。 見てわかるように、割と強く抑えて穿刺することも大事なポイントになります。 また、高血糖の状態が続くと、非常に細かい血管が切れたり閉塞したりします。

6

(3)穿刺後、軽く押して血液を出し、測定器の測定用チップを押し、血液を吸引する。 患者さんによって耳でも実施可能 5.穿刺 必ず利き手で穿刺具を持って、穿刺部位に当てて実施 穿刺する際にはテーブルの上など固定した状態で実施する。 また指先において外側・内側・中心部など様々なポイントに分かれます。

2

そこで、ここでは低血糖の危険があるかないかに分けて説明していきましょう。

5