桂 文珍。 桂文珍、38回目の独演会を開催 コロナ禍に生んだ新作落語「在宅勤務」披露

美憂亭 さろん(ビューティーサロン)と名乗る。 島田紳助」『週刊現代』第38巻 43 1911 、講談社、1996年11月、 178-181頁。 桂三枝; 桂文珍 2000-01. [ ]• 卒業後、一度はで就職するも「」や「」での「」を聴いて落語に興味を持つ。

4

20(1998年-2008年、全20巻、ソニー・ミュージック・エンタテインメント)• 『ふ(歩)』を『と』に変える」と、時事ネタを交えたギャグを次々と披露。 花王名人大賞(1983年、第3回・)• 当時、三枝はすでに人気を得ていたが依然として小文枝の家に住み込みだったため、自分が独り立ちできるよう弟弟子を探していたという。

年齢はきん枝より上で、この入門時の経緯から、文珍はきん枝のことを「きん枝兄さん」ではなく「きん枝くん」と呼んでいた 省略。

13

精選落語 桂文珍II(4枚組、2008年) 主な• しかし、雑誌でと対談した際 、寛美から「レギュラー17本はしんどいですな。 ゼリアス(1988年、)• パソコンシリーズ( 1980年代前半 [ ]、)• () - 酒井 役 - 2015年7月18日 - 8月8日 連続ドラマW• 』潮出版社、1993年6月。 これを足がかりに芸能界へ進出した者もいる。

1

(、毎年1月3日) - 例年なんばグランド花月かNHK放送センター112スタジオにて落語を披露。

8

文珍の独演会は古典中心に変わっていったが 、文珍自身は、と兄弟子の三枝の存在によって、自分の方向性を「新作と古典の共生」にしたとしている。

を引き受けたことが原因で借金が重んでし、妻子を苦しめたくないという理由で離婚した。 だから、『うん、そうや』『はい、そうや』と言っているほうが丸く収まる」と、夫婦円満の秘けつを明かした。 くるくるメカ() - の後任• 桂 文珍(かつら ぶんちん、1948年12月10日 - )は、日本の落語家、タレント、司会者。