山口組 高山。 山口組分裂で「盃の価値」は軽くなったのか、重くなったのか

しかし某組の組員らは山口組から盃をもらっていないので、直接の処分は受けない。 家族 [ ] 系総長の高山義友希は実子。 「名古屋方式ともいわれた、そうした厳格な管理体制が一部で反発を受け、後に六代目山口組が分裂する原因のひとつになります。

9

ウソはもちろん、いい加減をものすごく嫌う。 盃を前に媒酌人が『終生、侠道に精進せねばなりません。 盃を突き返した時点で、奴らはヤクザではない。

17

懐に納められた白い盃はヤクザの証、侠(おとこ)の証となっていた。 刑務所の周囲をパトカーが巡回し、出動服に身を包んだ多くの警視庁の機動隊員が警戒にあたっている。 新幹線で西に向かうことは警察当局にも容易に推測できた。

当局は、抗争に関連して、捜索や取り締まりを強化する姿勢を見せつけている。 だが今回、11月に発行されたとみられる山口組新報は、一切外部に漏れていないというのだ。 この分裂では、六代目山口組・司忍組長と親子盃を交わした直系組長らが、盃を突き返し組を割って出て行った。

私は、それぐらいの男気を持って、この世に生まれて来たつもりだ。

そう、 司忍組長が逮捕された時も。 今まで主流であった山健組系列が名古屋に本拠を置く弘道会が当代となったために、非主流派に追い詰められたのが遠因とされる。 「徒党を組んで神戸山口組を名乗り、菱の代紋を勝手に使っとるようやけど、そんなことこっちは認めておらんし、いわばエセ山口組やな。

2

ただ私に云えるのは、生半可な気持ちで暴力団は続けられないと云うことだ。

7

名古屋地元組織の運命共同会・中京五社会と抗争し壊滅させ多くの組織を傘下に収める 2005年3月(平成17年)58歳 弘道会司忍会長は二代目に高山清司氏に跡目を譲り司忍組長は二代目弘道会総裁、司忍組長は弘田組組長に兼任。 文=工藤明男 【工藤 明男 くどう あきお プロフィール】 東京都生まれ。 しかも、これは逆縁と言うて、我々の世界では犯罪。

すべてはこの男の出所がきっかけだった。 生意気なことを云うようだが、三代目・田岡一雄組長もお忍びでそうしていたと聞く。 最後まで読んで下さり有難う御座いました。

20