茄子 の 輝き。 紫の希望の灯/滝口悠生『茄子の輝き』

特に好きな作家さん(敬称略、順不同) 村上春樹・高山羽根子先生(祝芥川賞受賞)は、今好きすぎて未読本を読み終わるるのがもったいない気がして積読継続中(美味しいものは最後に食べる性格のため)・木村友祐・本谷有希子・戌井昭人・荻原浩・角田光代・西川美和・吉田修一・吉田篤弘・古市憲寿・柴崎友香・村田沙耶香・金子薫・天埜裕文・須賀ケイ・朝吹真理子・小川洋子・フェルディナント・フォン・シーラッハ・ポール オースター あっ忘れてた、太宰もです。 フェア• お正月の終わりを盛り上げてくれた。

8

茄子の輝きで気持ちが感情的になってしまって、文化はちゃんと読めなかった。 2001年、19歳の時に東北を原付で旅行したという作中のエピソードは、私自身の体験が元になっている。 投稿者: オオバロニア - 離婚して会社をやめた男の断片的な回想録的小説です。

2

元広告代理店勤務で、バンド活動をしている恋人と同棲中である。 連作の最後にある「今日の記念」を書いたのは今年の正月で、同じ時期に『群像』で「高架線」という長編(これは今年の秋に本になります)を書いていて、ほとんど日にちがとれないぎりぎりのスケジュールだった。 そんな市瀬のささやかな発見は、『花束みたいな恋をした』での、Googleストリートビューの二度の奇跡に舞い上がる麦の表情と重なるように思う。

日記をつけておけばよかったなと思う。 三十四歳になった市瀬は、「街々、女たち」でひとりの女性と出会い、「今日の記念」で再会する。 類い希な幸運を持つ点、カード名からであることを示唆されているが、果たして正体は…… ついでに言えば、バストとヒップが共に88。

【内容情報】(出版社より) 輪郭を失いながら輝き続ける、記憶の中のいくつもの場面。

8

思い出には、いつだってディテールと場所がまとわりつく。

18