闇 営業。 お笑い芸人による闇営業問題

だからこそ彼らは、能年玲奈さんがほかならぬ自分の本名を名乗ることすらできずにいる信じがたい現状を「業界の慣習」の一言で容認してしまえるわけだし、元SMAPの面々があんな不自然なカタチで謝罪芝居を演じさせられたあの場面に関しても、一切ツッコミを入れることができなかった。 芸人との契約は口頭でやっている 吉本興業には総勢6000人のタレントが所属している。

5

通常は収録放送であるが、上述の会見を受けて緊急の生放送に変更。

テレビ局のみなさんに、すごく迷惑かけたんですよ。

芸能界は、われわれの鏡だ。 どこまで目玉が曇っているのだろうか。 もう、数年前までは許された、自己満足型の努力など、している暇はない。

その部分で、僕自身もこの番組でもらってないという前提で話をしてしまった。 松本らが厳しい非難を浴びたにもかかわらず、自民党衆院議員の白須賀貴樹が2月10日夜、東京・麻布の高級ラウンジで女性と飲酒していたことが報じられた。

13

3月に東日本大震災があった後も、私への講演依頼はあとを絶たなかった。 この問題をスクープした「フライデー」は、2019年5月下旬に宮迫に直撃取材を敢行した。

時代の流れによって、戦略は常に変わり続けているからだ。 この言葉を知らなかった私が最初に文字面から類推したのは、 「つまり、アレか? 闇世界の人間のための芸能活動ってことか?」 ということだった。

4

会社の業績も右肩上がり。 「そうだ。 これは本当の話だが、よく覚えていないのだ。

20

こんな当たり前のことに、いまさらのように私が気づいたのは、島田紳助氏の引退に前後したすったもんだや、能年玲奈さんの芸名をめぐる一連の騒動や、SMAP解散に至る顛末について原稿を書くべく、ここ数年、各方面の記事や書籍を収集し、それらの資料をいやいやながら読み続けてきたからだ。 なにかのきっかけですごくいい仕事が、すごくいい漫才のネタができるかもしれない。

15