本屋 大賞 2020 流浪 の 月。 【順位】2020本屋大賞・決定・ランキング[感想]

日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。 しかし、それこそが主人公が感じている「生きづらさ」なのかもしれないなとも感じます。

10

全国の書店員が選ぶ賞です。

5

更紗は新しい恋人との関係性、職場での扱われ方、などずっと苦しい思いを抱えています。 その他の作品に『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』改題作)、『優しい死神の飼い方』(死神シリーズ)、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなどがある。

14

まじめな母親のもとで育った文は、自分の欠陥のことを言い出せず、精神的にも追い詰められていました。

18

エピローグを読み終えてからもう一度つい読み直したくなるそんな一冊でした。

フェア• 本屋大賞は18年12月~19年11月の間に刊行された日本の小説が対象。 誘拐事件の被害者として認識され、周囲の勝手な解釈や過剰なまでの善意に苦しめられる更紗の姿に、胸が痛くなる。 読んでいて驚くのは、その無理解に苦しめられてきた更紗自身が、「知ってるつもり」の呪縛とは無縁ではないことまで描く点だ。

19

本屋大賞は、全国の書店員が投票によって「最も売りたい本」を決める賞。

4

【流浪の月】を読んだ他の人の感想 私以外の人が【流浪の月】を読んでどう感じたのか個人的に気になったのでピックアップして紹介します。 気づいたら涙が出ていて、読み終わった後はしばらく放心状態だった。 凪良さんは京都市在住。

4