大村知事 リコール 署名 やり方。 高須院長、町山智浩氏・香山リカ氏・津田大介氏を刑事告発 大村知事リコール「署名で個人情報漏洩」デマで

名古屋市の河村たかし市長が署名活動を支援した異例の経緯もあり、河村氏の責任を問う声もあがっている。 発起人である「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が、デマ情報を流布したとする著名人3人を、愛知県警に刑事告発し、ツイッター社にアカウントの凍結・停止を求めて通告したのだ。

この不正は発見しようがない」と言われることもなくなるわけで、そこの判断はどうなっていたのやら。

5

県選管は約36万2千筆を無効の疑いがあるとした。 1 大村知事リコール運動と 大村知事リコールに反対します 報道によると、高須医師らが愛知県の大村知事リコール運動を立ち上げたということです。 スポンサーリンク デマにまみれたリコール活動 そしてこのリコール活動にで、数多くのデマが今もばらまかれています。

19

正当性ゼロ!憲法の精神を無視したリコール活動 大村知事のリコール活動に全く正当性がないのには、そのリコール活動の理由にあります。 知事・市町村長のリコール(解職請求権)要件については以下の記事でも書いています。 署名した人の名前や住所も、提出されたら縦覧できるみたい」などとする香山リカさんの8月26日のツイート 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動について、精神科医の香山リカさんが8月26日、ツイッターに<すでに署名の受任者を引き受けた方の住所氏名は、早速、県の公報で公開されてるようです。

19

このため、高須院長らは先月末、ツイートした映画評論家の町山智浩氏と、精神科医の香山リカ氏、芸術祭で芸術監督を務めたジャーナリストの津田大介氏がリツイート(拡散)したとして、地方自治法第74条4(署名運動の妨害)違反の容疑で愛知県警に告発した。 部下の失態は上司が自ら腹を切って申し訳ないというのが僕らの考える作法だ」。

15

署名してしまったら取り消し可能か このように、このリコール活動に正当性が全く感じられません。 同姓の人が同じペンを使って署名したものを筆跡が違っても無効• 何よりも、あなたが自主的に警察へその事実を申告した場合は、自首に該当する可能性があります。 刑事告発も「視野には入っている」としている。

10

大村氏は、税金が投入された昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏みつけるような映像作品などの公開を認めた。

15