確定 申告 年金。 妻の年金収入額分(雑所得)はどうするのか

年齢と所得によって6パターンの計算式があるわけです。

ただし、この制度を受けるには、つぎのふたつの条件を満たさなくてはなりません。

確定申告書は、近くの税務署で受け取ることが可能です。 65歳以上で年金受給が150万円の場合、年金受給額から120万円を引くことで所得額を算出することができます。 所得金額の合計額が20万円以下であれば、条件2も満たすことができ、確定申告の必要はありません。

6

保険会社から届く通知書や証明書(「支払年金額等のお知らせ」などの名称の書類)に支払い金額が書いてあります。 個人年金を受け取ったら確定申告は必要? 個人年金を受け取ると税金がかかるということを先ほど説明しましたが、その額によって確定申告が不要な人もいます。

所得税・住民税の対象となる雑所得金額(2年目以降) 2年目以降に受け取る年金のうち、贈与税の課税対象となった部分は所得税・住民税の課税対象とならない。

5

前年度の未納分の国民年金を支払った場合は、その分も保険料控除の対象になります。

16

なお、 65歳を境に計算方法が異なり、令和2年度分より控除額が変更されます。 国民年金を確定申告するときのポイント 確定申告の手続きは事前にきちんと準備をすればそこまで大変な作業ではありません。

12

このとき、控除証明書の「納付済額」ではなく「合計額」の欄に金額が記載されている場合は、そちらを記入します。 年金が400万円超(給与額は関係なし)• 控除で還付を受ける場合は、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を記入し、保険会社から送られてくる「保険料控除証明書」を添付して提出するだけでOKです。

3