香取 神社。 香取神宮

当社には、香取神の命で側高神が陸奥神から馬を奪って馬牧をなしたという伝承が残り、蝦夷征討との関係性や香取神宮の役割が指摘される。

6

そこから徒歩10分程の所に鎮座しています。 「神護景雲2年」は春日大社の社記に基づくもので、『日本三代実録』元慶8年8月26日条を支証とする(『国史大辞典』春日大社項)。 そのため「若御子神社」ともいう。

14

882年 -- 正一位勲一等• (東京都、通称「新小岩香取神社」)• また『』(2年()成立) で「経津主神云々、今下総国香取神是也」、『』(5年()完成)所収の「春日祭祝詞」 でも「香取坐伊波比主命」と記されている。 摂末社は『新修 香取神宮小史』pp. 8メートルで、昭和3年(1928年)の発見当初は経津主神の陵墓という議論も存在した。

20

「新編武蔵風土記稿」下小合村の条に「香取社 村ノ鎮守トス。

20

屋根は現在銅板葺であるが、当初は栩葺(とちぶき)で昭和40年(1965年)に改められた。 利根川岸で神輿は御座船に移され、船上祭を催行。

15

月次祭並奉納菊花奉告祭 ()• 祭神:経津主神の(あらみたま)• 源頼義はこの杉に「天下太平、社頭御栄、子孫長久」を祈ったと伝えられる。

20

三間社、で、南面している。

9