け もの みち ドラマ。 土曜ドラマ 『松本清張シリーズ けものみち』 (1982年)

檜原映子は香川の愛人だとピンときた久恒は民子に鬼頭の内部を探るように言うが、小滝や秦野の手により、されてしまった。

5

宝石商 -• 悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。 民子は小滝の誘いに乗ることを決意し、失火に見せかけて夫を焼き殺す。 毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。

2

警視庁捜査一課長 -• 化されている。 おかめ女中 -• 成沢寛次 -• 佐伯 米子 演: 鬼頭家を取り仕切る女性。 この事件を不審に思った久恒刑事は、聞き込みに奔走。

12

蔵原悦郎(結城の秘書) -• ついに小滝は民子を呼び出し、芳扇閣へ向かった。 チップが二つそろわなかったから、結局殺されてしまうのでしょうか?でも、だれが彼を狙うのでしょう? あの、ちょっと悪い女の子は、放火犯が最後の事件は自分がやったんじゃないって言い始めて、仲村トオルがやめてしまっているし、誰か犯人にしとかないと、誤認逮捕(最後の犯行は連続犯の仕業じゃないって)したことになってしまうので、警察の人が無理やり彼女を犯人にしたてようとしているという感じでしょうか。 夫との暮らしに絶望していた見るからに地味な民子が、男たちを踏み台に、真っ赤なドレスで鬼頭の手下たちに反論するほどしたたかな女に変身する姿も見ものだ。

19

2008年 開く• 第一話には松本清張と出演者の貴重なトークも。

16

視聴率 は、第1回18. 民子・・久垣が止めるのを聞かず小滝を追って鬼頭邸に戻り、そこにやってきた小滝と愛し合うが結局小滝にだまされ入浴中に放火される。 企画協力 - ()• また、鬼頭邸の庭のシーンは(ドラマ制作当時の)清張邸で撮影されている。

5

前田(警視庁捜査一係長) -• 鬼頭から外出許可を得た民子は小滝に会いに行く。 しかし、逆に久恒はささいな理由で警察官を免職される。

11

このときの演技が「」につながったらしいです。 2005年 開く• 芳仙閣 [ ] 武藤美代子 演 - 芳仙閣の仲居。 23歳で妖艶な悪女役を熱演• によれば、著者が本作を書くきっかけは、仲居からの一通の身の上相談の手紙であったという。

18

警視庁捜査一課長 -• 連続テレビ小説『おしん』で、おしんの父親を演じたのはこの翌年だ。 和田勉「テレビドラマと清張さん」(『』(1992年、新潮文庫)下巻巻末に収録)参照。 佐伯(代議士) -• そして、民子は・秦野重武によって、政財界の黒幕・鬼頭洪太の邸宅に連れて行かれる。