ナルト サスケ。 NARUTO

なお、ボルトたちの世代はサスケの里抜けに関する事情やうちは一族の悲劇については知らないようだ。 更に、自らの術で木ノ葉にクレーターを作った。 「なぜだ!? 兄さんにあんなことをさせた木ノ葉のために、何でまた兄さんが!」 「兄さんが許せても、オレが木ノ葉を許せない! この世に未練がないだと!? オレをこんな風にさせたのは兄さんなんだぞ!!」 イタチが守りたかった里はイタチを利用し、同族に手をかけさせ、挙句に犯罪者として仕立てるという仕打ちをした。

14

カグヤに端を発する地上に残り忍宗を広めたハゴロモ(六道仙人)と月に移住したハムラの二派に分かれている。 輪廻写輪眼を開眼したのが、物語の終盤であった関係もあり、計り知れない能力を開放し強敵と立ち向かいます。

8

特別上忍(とくべつじょうにん) 上忍と中忍の間にあり、専門的な任務に従事する。

17

守護忍十二士 かつて火の国の大名を護る為に、国内の各地から集められた12人の忍によって構成された大名直轄の精鋭集団。 作中における忍者の概念 この作品は、が修行や訓練によって習得可能な一種のとして描かれている。 完結後の展開 本編最終話を掲載した2014年50号にて、2015年春より、新編の短期集中連載予定、およびノベライズが発表された。

初期は第でナルトとサクラと共に、の指揮下で木ノ葉の忍として任務に臨んでいく。 宿命の闘いの時が迫るナルトとサスケ。

隠れ里は1つの国に1つあり、それぞれがその国を勢力圏としている。 サスケは、第四次忍界大戦の終盤にマダラと対決しますが、動きを封じられ胸を貫かれてしまい瀕死の重傷を負います。 滝隠れの里にある御神木の幹から100年に一度搾り取れるという聖なる水。

17

薬や兵糧丸の材料になる薬草が多く存在する。 膨れ上がる憎しみのあまり、この前後のサスケは理性が徐々になくなりつつあり、冷酷なサスケに陶酔していたでさえ恐怖するほどの禍々しいチャクラの気配を放つようになった。 だが、イタチはこれをうちは一族最強の力・須佐能乎にて防御。

8

また、基本的に赤髪という特徴がある。

18

オレを殺して里を守った英雄になるか、オレにやられてただの負け犬になるか! そのどっちかだ!」 正面から切り捨てるも、「憎しみは全部オレにぶつけろ」とあくまでサスケを連れ戻すことを諦めないナルトの姿勢に笑うと、 「いいだろう……お前を一番に殺してやる」 そう言い残してトビと共に撤退した。 疾風伝では四代目風影の時代までは、忍術・幻術のスキルが無い者はたとえ体術の才能に優れていても忍はおろか忍者学校に入学することさえ禁止されていたが、我愛羅が五代目風影に就任した際の改革で、この決まりは廃止された。 独自の時空間を発生させ、そこに自身や他の物質を転送することができる。

18