ウォリアーズ 対 ヒート。 D・ウェイド不在のヒートに快勝したウォリアーズが8連勝!

1試合で20得点が可能な選手が3人いれば、勝利するチャンスがあることが分かるだろう。 敗れたホークスは、ジョン・コリンズが34得点、10リバウンド、クリント・カペラが20得点、14リバウンド、トレイ・ヤングが15得点、8リバウンド、9アシストだった。

13

Tied at 95 with under 3 minutes to play. その後カリーが3月6日のトロント・ラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰するも、チームはリーグワーストの成績へと沈み、2013年から続いていたプレーオフ連続出場も7年で途絶えたところでシーズン中断を迎えた。

7

とにかく次元が違うよ彼は。 敗れたウィザーズは、ブラッドリー・ビールが46得点、ラッセル・ウェストブルックが24得点、11リバウンド、ダービス・ベルターンスが20得点だった。 試合結果、ハイライトをチェック。

」 キャット「後半早々カペラのフィニッシュが決まり、ディフェンスでも24秒オーバーを誘うなど、いい感じのスタートを切ったんだが、ヒートはホームのファンの声援を受けて反撃開始。

概要 [ ] プレーオフの各シリーズと同様7試合制で、どちらかのチームが先に4勝した時点で終了する。 勝敗は延長戦へともつれ込むこととなった。

2

ドラフト指名権との交換で今季加入した選手たちを放出し、ラッセルを含む3選手とのトレードでアンドリュー・ウィギンズをロースターに加えた。

8

その中でも目立ったのがカペラ。 810 1957, 1959, 1960, 1961, 1962, 1963, 1964, 1965, 1966, 1968, 1969, 1974, 1976, 1981, 1984, 1986, 2008 1958, 1985, 1987, 2010 11 6 5. 」 シンキ「そうですね。 しかし、中盤からヒートのシュートがこぼれ始め、ウォリアーズは一気に点差を縮める。

3

しかし、すぐさまヒートに押し返されて再び点差を2ケタに戻されてしまい、結局76-86と10点差で最終クォーターへ。 一時20点リードを奪ったロケッツは、前半を63-44と19点差を付けて折り返した。