小椋 佳 愛 燦燦。 シンガーソングライター小椋佳、話すように歌う「愛燦燦」

作曲は堀内孝雄。 のは甥に当たる。 - アルバム『welcome』に収録。

7

1981. 1972. その時までは陽水と小椋佳は別の世界だと思ってたけど、陽水や星勝君、安田裕美君に小椋佳の世界を音楽にしてもらったら、よりドラマチックな世界が表現できるのではないか?そう思って『残された憧憬』を創った。 1 で放送された『』オープニング曲、エンディング曲、挿入歌を収録したアルバム。

文字通り、自らの葬式を自らのステージで行なった。 音取りなんて2時間で終わり、とかね、そんな時代だった。 00年東京大学人文社会系研究科修士課程修了。

これは、人から教わった動作としての「振り」と、他の誰でもない自分が生み出す動作としての「舞い」という言葉から成ります。 2004年に発表されたの小説「」の章タイトル及び、2015年公開の同名映画の劇中歌としても使用されている。 第一勧銀浜松支店の担当取引先であった縁で、には同市の菓子製造会社の「」を作っている。

17

そして僕は、いつも「自分は舞えているか」ということを意識しながら歌作りに向き合っているのです。

5

- アルバム『ベストコレクション 浪花盃』に収録。 そのためには、やはり比喩が欠かせませんね。

3

AIなど最新の科学技術が歌作りに導入されることをどう思いますか 出来上がった楽曲の質や完成度が高ければ、特に問題ないと思います。 1971年、歌手した。 ラジオ番組 [ ] 2018年4月現在。