諸 事情 と は。 「諸事情」には2通りの使い方がある?その意味と正しい使い方を解説

しかし、具体的にどのような事情があるかを説明しないため、状況によっては「あいまい」や「適当にごまかされた」と言った印象を受ける場合がないとは言い切れません。 「諸事」だと「いろいろなこと」の意 「諸事」の意味は「多くのいろいろなこと」となります。

「諸般の事情」も「いろいろな事情」となり、ほぼ同じ意味です。 まとめ 以上見てきたように、私用と所用の違いは、用事が意味する範囲にあります。

そこで、来期以降の酒米購入量を少しでも例年に近づけたいという強い思いから、北米向けに一度瓶詰めし出荷できなくなった辛口純米酒と、同様に北米向けにタンクで貯蔵していた同品質のお酒をブレンドして再調整し、お求めやすい価格で新商品として国内にて数量限定で新発売することにいたしました。 その人の個人的な都合を指します。 有給休暇の申請では、本来私用の内容まで書く必要はありませんが、会社によっては細かい理由まで記載を求めるところもあります。

はっきりと理由が知りたい時もあります。 また、目上の人に対しては、先に説明した敬語表現の「諸般の事情をご賢察」を使いましょう。

16

諸用との違いは、諸事情の方が、より重大な件の説明で使われがちという点にあります。 :詳細・込み入った事情• 「たくさんの」という意味の「諸」が用いられていることで、「異なる用事が重なっている」というニュアンスが持たされています。

7

これらの違いをしっかり踏まえ、場合に応じて適切に使い分けるようにしましょう。

19