ロイヤル ブルー ティー。 1本5千円のワインボトル入り高級茶がバカ売れ…ロイヤルブルーティーの「全員ハッピー」戦略

高度な品質管理、技術力がなければ実現できず、すべての工程は手作業となっている。 飛行機のファーストクラスでお茶として出されているという飲み物。

5

また、中小機構においても中小企業の海外展開に関するセミナー等を多数用意しており、吉本社長も研修を受講され、値決めや商圏の確立・ブランディングの管理等の手法を習得され、香港やシンガポールに現地法人を設立する契機になったと振り返る。 600円でも6,000円でもなく、お茶が1本60万円。 「味は玉露茶を思わせるような甘みがあり、香ばしさも感じます。

19

早速中身を見てみることに・・・ ほぼワインです。

14

どんな味かが気になるところですが……。

5

おすすめのポイントなど、プロ目線の意見をお聞きしていますのでぜひ参考にしてくださいね。 種類も豊富で、ジャスミンティーっぽいのとか色々あるようで お酒の飲めない人も楽しめていいかも? ノンアルコールやウーロン茶よりお洒落ですよね。 ロイヤルブルーティのラインナップ 日本茶 - 2016 5月 11 6:59午前 PDT 日本が誇る茶の名産地、それぞれの特色を最大限に引き出した味わいを楽しめます。

4

同社では、確かな生産者によって育てられた茶葉、しかも安価な機械摘みに頼ることなく、一枚一枚丁寧に手摘みされた茶葉を使用する。

14

ワインのように畑によって茶葉のグレードが異なりますが、こちらのロイヤルダージリンラジャ「デラックス」はもっとも手に取りやすい商品です。 この香焙は、初めての方にも料理と一緒に楽しんでもらいやすい商品のひとつです。 このような状況の中で、我々と同じ目線でいてくれた(株)KSPさん、また各金融機関の助力もあり、設備資金を確保することができた。

ボトリングを手作業で行っていることは明かされているのですが、非加熱・無濾過・さらに無添加の状態で、どのように製品化しているかという部分は残念ながら企業秘密なんです」 まるで深窓のご令嬢のように大切に育まれ、フレッシュなまま届けられるお茶。 一つ目は、品質管理の視点で、お茶の香り・色・味わいをそのままお客様にお届けするのに最も適した素材であるため。

15